恵方巻をつくろう

恵方巻をつくろう

写真

飛田 伯弘さん

節分にその年の恵方に向かって海苔巻きを食べると福を呼び込む、とされる恵方巻きの風習は、関西が発祥と言われています。2021年の恵方は「南南東」です。今月は金井町にある寿司善のご主人、飛田 伯弘(とびたのりひろ)さんにお子様向けの恵方巻きの作り方をお教えていただきました。

恵方巻き

材料(恵方巻き4本分)

  • のり 半切り4枚

◇シャリ

  • お米 2カップ

〇寿司酢(市販のものでも構いません)

  • 酢  68㏄
  • 砂糖 28g
  • 塩  8g

◇具材

  • きゅうり 半分
  • レタス  1枚
  • ハム   4枚
  • カニかま 6本
  • のりの佃煮 大さじ2

〇厚焼き卵

  • 卵  2個
  • 水  10㏄
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩  ひとつまみ

〇ツナとコーンのマヨネーズ和え

  • ツナ缶   大さじ2
  • コーン缶  大さじ2
  • マヨネーズ 大さじ2

作り方

【01】恵方巻きに巻く具材の下ごしらえをします。

写真

※半切サイズ海苔の幅(約10センチ)に合わせて材料を切ります。

  • 4枚のハムを半分に切ります。
  • あらかじめ用意しておいた厚焼き卵を縦長4つに切ります。
  • きゅうりも縦に4等分に切ります。
  • レタスを4つにちぎります。
  • カニカマは6本中2本を半分に切り、長さを合わせて使います

写真

・ツナとコーンをボウルに移し、マヨネーズで和えます。

ポイント

和える前に、ツナとコーンの水気をキッチンペーパー等で拭き取りましょう。

【02】巻きすに海苔とシャリを置きます。

写真

写真左上)海苔を置きます。
写真右上)あらかじめ用意しておいた、シャリを置きます。
写真左下)シャリを手で厚さ1センチ弱程度に広げます。
写真右下)のりしろにするため、海苔の奥側、約1.5センチはシャリを広げずに空けます。

ポイント

シャリは手を使い置くことをおすすめします。しゃもじ等は、厚さの加減が難しくなります。その際、手の消毒も忘れないでください。

【03】具材を置きます。

写真

・海苔の佃煮をシャリに塗り、その上にきゅうりを1つ置きます。

写真

・半分に切ったハムを2枚、厚焼き卵、レタス、カニカマを1本半、そして、ツナとコーンのマヨネーズ和えを置きます。

写真

※きゅうりやハムなどの形がくずれにくいものは、お子さんにも簡単に置けます。ぜひ、一緒に楽しんでみてください。

【04】巻きすで巻きます。

写真

写真左上)きゅうりを軸にして、具材をおさえながら巻いていきます。
写真右上)のりしろまで巻き、おさえて形を整えます。
写真左下)巻きすの端を持ち上げて、寿司を転がすよう奥側におくります。
写真右下)もう一度形を整えます。

ポイント

手に付きやすいツナとコーンのマヨネーズ和えは、巻くときにレタスで包むようにしましょう。

写真

・巻き上がりです。

【05】皿に盛りつけて、完成です。

写真

★恵方巻き(巻き寿司)の切り方

本来、恵方巻きは切らずに食べるものですが、巻き寿司のきれいな切り方もお教えいただきました。

ポイント

切る前に包丁を濡れ布巾で拭きましょう。包丁を湿らせると、シャリが付きにくくなります。

写真

写真左上)包丁の柄に近い部分を恵方巻に添えます。
写真右上)刃全体を使うように引き、
写真左下)刃先を恵方巻きに残します。
写真右下)押すように切り下ろします。

ポイント

「引いて、押す」の2回で切ります。包丁を何度も前後させて切るとシャリや具材が崩れてしまいます。

お子さん向けにアレンジした恵方巻きはいかがでしたか。海苔巻きに入れる具材はアイディア次第です。お好みに応じていろいろな材料が使えます。これを期に、オリジナルの巻き寿司に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。どうぞ、お子さんと一緒にお試しください。

[協力]
寿司善
〒313-0016 常陸太田市金井町3673
TEL 0294-72-1338
Instagram https://www.instagram.com/sushizenn/?hl=pt
FacebookTwitterLine