家族で温浴施設に出かけよう

家族で温浴施設に出かけよう

心と身体が温まるお風呂、そのありがたさを実感できる季節です。ご自宅のお風呂でも十分身体は温まりますが、温浴施設でいつもと違った入浴をお子さんとしてみませんか。
市内には各所に温浴施設がありますが、その中から今回は、4つの施設の特徴をご紹介いたします。ご家族でお風呂に入り、身体を温めましょう。

写真

1. 里美温泉保養センター ぬく森の湯 〜里美地区〜

写真

・外観

常陸太田市の市街地から北に約25キロ、国道349号沿い東側(看板有)の高台にある里美温泉保養センター「ぬく森の湯」は、pH(水素分子濃度)の測定値が「pH 10.1」と全国トップレベルのアルカリ泉の成分量です。そのため、お湯に「ぬめり」があり、美肌効果を期待できる泉質です。また、温まった身体が冷えにくいのも特徴の1つです。

〜お風呂〜

写真

・内風呂

ゆったりと湯船につかれる浴室の内風呂は、気泡が無数にあふれ出ていて肌をやさしくマッサージします。また2019年(平成31年)のリニューアルにより、サウナが設置されました。アルカリ成分の泉質で身体の代謝を高め、サウナで汗と一緒に老廃物を流せるので、温泉の効能がより増すことが期待できます。

写真

・気泡浴 

写真

・サウナ

施設が高台に位置するので見晴らしが良く、特に晴天の日は、露天風呂から望む鍋足山、三角点(山)、などの周囲の山々と澄み渡る青空が爽快です。

写真

・露天風呂

〜休憩・お食事〜

ゆったりとくつろげる和室の休憩室には、お茶・お水のサーバーが用意され、セルフサービスで自由に飲むことができます。また、カラオケルームがあり、定員6名で2時間利用が可能です。お子さんと一緒に風呂上がりに歌う歌は、温浴効果で気分が良くなり、カラオケも普段以上に楽しめることでしょう。

写真

・休憩室 

写真

・カラオケルーム

お食事は、地元で収穫された野菜を使った天ざるそばと天丼、4時間かけて調理するモツ煮込みが人気のメニューです。

写真

・食事スペース

写真

・天丼

館長の小林透さんによると、お子さん連れのご家族は休日に、常連さんは休館日前日の水曜日に多く利用するようです。また、時期や時間帯によって異なりますが、金曜日は比較的ゆったりとしているとのことでした。

例えば、鍋足山ハイキングの帰りに、「ぬく森の湯」に立ち寄ってはいかがでしょう。天気が良い日は、鍋足山や三角点など、お子さんと歩いた山を露天風呂から見ることができます。

施設名

里美温泉保養センター ぬく森の湯

住所

〒311-0505 常陸太田市大中町2076-6

電話

0294-82-3366

営業時間

10:00~20:00(受付は19:30まで)

食事

10:00~20:00(注文は19:00まで)

休館日

毎週木曜日(休館日が祝日の場合は金曜日)
年末年始(12月29日~1月1日)

入浴料

○平日
大人(中学生以上)730円 小人(小学生以下)370円

○土、日、祝日
大人(中学生以上)1,050円 小人(小学生以下)520円

○16:00~
大人(中学生以上)520円 小人(小学生以下)260円

タオル販売 

フェイスタオル200円 バスタオル600円

※タオルのレンタルは行っておりません。

・シャンプー、リンス、ボディソープ、備え付けあり。

◇特別料金日
毎月26日(風呂の日)は520円(大人のみ)

※メンズDAY、レディスDAYは休止しております。

※3歳未満のお子様は、無料でご利用できます。
※オムツが取れていないお子さんの入浴は、ご遠慮ください。

その他の施設
利用料

○15畳和個室
1時間1,100円

○カラオケルーム
1曲100円

HP http://nukumori.satomiful.jp/

 

■2. 竜っちゃん乃湯 〜水府地区〜

写真

・外観

日本最大級の長さを誇る「竜神大吊橋」より東へ約2キロ、市街地からは北に約20キロ、県道33号沿いを流れる山田川を渡った小高い丘に「竜っちゃん乃湯」があります。天下野湯ノ前(長瀞<ながとろ>)地区の湧き水(アルカリ単純泉)を沸かした風呂の湯は、肌がすべすべになり身体が芯から温まり、冷めにくいと利用者から好評です。また、徒歩圏内にある「竜の里公園」キャンプ場の利用者にも親しまれています。

〜お風呂〜

写真

・さくらの湯 内風呂

浴室は露天風呂がある「さくらの湯」と、サウナがある「もみじの湯」の2つで、日替わり(偶数日・奇数日)で男女を入れ替えます。

  • 偶数日
    男湯:露天風呂「さくらの湯」
    女湯:サウナ「もみじの湯」
  • 奇数日
    男湯:サウナ「もみじの湯」
    女湯:露天風呂「さくらの湯」
    「さくらの湯」の露天風呂からは、竜神峡に面した山肌の木々を眺めることができ、石を積み上げた湯船の縁が特徴です。
写真

・露天風呂

「もみじの湯」には、サウナで汗を流した身体を冷ますためのウッドデッキがあり、快晴の日は、入浴はもちろん、日光浴と外気浴をすることが可能です。

写真

・サウナ 

写真

・ウッドデッキ

〜休憩・お食事〜

休憩は、食事処「梅花亭」の広々とした和室を利用できます。梅花亭では、常陸秋そばをはじめ、手間を惜しまず地元の食材を使った手作りの料理と常陸太田市産のコシヒカリのご飯がおいしいと食事も利用者に好評です。

写真

・休憩室、「食事処 」梅花亭

写真

・休憩及び食事スペース

写真

・天ざるそば

また、「そば打ち」と「こんにゃく作り」体験(要予約)ができるので、お子さんと一緒に挑戦してみてはいかがでしょう。

〜宿 泊〜

宿泊用の客室は、3部屋のみと利用者数が限定されるので、ゆっくりできて居心地がよいことから「また来たよ!」と、訪れるリピーターもいらっしゃいます。

写真

・「桔梗(ききょう)」 7〜8人部屋

写真

・「椿」 3〜4人部屋

写真

・「水仙」 1〜2人部屋

細谷悦子館長のお話の中で、お風呂から上がったお子さんが「牛乳大好き」とおいしそうに飲んでいたエピソードから、子どもたちが施設で楽しんでいる様子も伺えます。
キャンプをするご家族が多くなる休日は、利用者が多くなるそうですが、金曜日は比較的ゆったりとご利用いただけます。
お子さんと一緒に竜神峡へのお出かけや「竜の里公園」でのキャンプの際に利用してみてはいかがでしょうか。

施設名

竜っちゃん乃湯

住所

〒313-0351 常陸太田市天下野町1629

電話

0294-87-0543

営業時間

10:00~20:00(受付は19:00まで)

食事

梅花亭 10:00~19:00

休館日

毎週火・水曜日(休館日が祝日の場合は木曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)

入浴料

○平日
大人630円 小人(小・中学生)420円

○土、日、祝日
大人840円 小人(小・中学生)520円

○16:00~
大人520円 小人(小・中学生)320円

タオル販売 

フェイスタオル200円

※タオルのレンタルは行っておりません。

・シャンプー、リンス、ボディソープ、備え付けあり。

◇特別料金日
・毎月22日(夫婦の日)は夫婦で来館すると一人分無料
・毎月26日(風呂の日)は300円引き(大人のみ)

※就学前のお子様は、無料でご利用できます。
※オムツが取れていないお子さんの入浴は、ご遠慮ください。

その他の施設
利用料

○宿泊(1泊2食付)
大人(中学生以上)10,450円 2名様以上から
小人(小学生)7,920円

※就学前のお子様は、無料でご利用できます。

○そば打ち体験 2,200円 4名様以上から

○こんにゃく作り体験 1,100円 4名様以上から

HP

https://ohtsuribashi.ryujinkyo.jp/fun/tacchannoyu.html

 

3. 西金砂湯けむりの郷 金砂の湯 〜金砂郷地区〜

写真

・外観

常陸太田市の市街地から約15キロ、通称「そば街道」の県道29号沿いに、西金砂湯けむりの郷「金砂の湯」はあります。地下50mから組み上げた「西金砂天然水」を使用したお湯は、アルカリ成分が豊富に含まれ、美肌の湯としても知られます。
また、受付に「いばらきKids Club」カードを提示すると、お子さんに好きなお菓子のプレゼントがありますので、カードも忘れずに利用しましょう。

〜お風呂〜

写真

・大浴槽(中央)、深浴槽(右奥)、気泡浴(左手前)

浴室の内風呂には大浴槽に加え、併設された、深さ90cm深浴槽と泡の水流があふれ出る気泡浴があり、それぞれの用途と好みにあった入浴ができます。また、露天風呂からは、周辺の景色が見渡せます。

写真

・露天風呂

〜休憩・お食事〜

写真

・休憩室、大広間「磯の間」

写真

・個室

お風呂上がりは、日当たりも良い休憩スペースの大広間「磯の間」でくつろぎましょう。また、ご家族、お子さんと一緒にのんびりしたい方は、貸し切りの個室もあります。

※「磯の間」での飲食はできません。

館内の「遊膳さくら」は、常陸秋そばをはじめ、豊富なメニューを取りそろえ、地域でも人気の食事処です。

写真

・「遊膳さくら」入口 

写真

・客席

料理長が腕を振るう4種類のオリジナルカレー(茸とポークのブラックカレー、バターチキンカレー、タイ風グリーンカレー、カツカレー)も目を引きます。ご利用の際に注文してみてはいかがでしょうか。

※客席以外に個室に食事を運ぶことも可能です。

写真

・バターチキンカレー

敷地内には、「西金砂天然水」の持ち帰りができる「水汲(く)み場」があり、飲用水として市外、県外など遠方から来る利用者もいます。アルカリ性の「西金砂天然水」は、お茶やコーヒーの味がまろやかに、お米を炊くと粘りが増すようです。

写真

・「西金砂天然水」の水汲み場

子育て世帯の温浴施設の利用は、学校や仕事の都合で、休日になること多いですよね。休日の施設利用は、日曜日よりは土曜日のほうが、のんびりできると、岡﨑泰則館長が教えてくれました。利用者数は、季節や時間帯によっても変化しますが、参考にしてください。

施設名

西金砂湯けむりの郷 金砂の湯

住所

〒313-0101 常陸太田市上宮河内町337

電話

0294-76-9919

営業時間

10:00~17:00(受付は16:00まで)

食事

遊膳さくら 11:00~15:00(注文は14:00まで)

休館日

毎週水・木曜日(休館日が祝日の場合は金曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)

入浴料

○平日
大人630円 小人(小・中学生)420円

○土・日・祝日
大人840円 小人(小・中学生)520円

◇タオル販売 

フェイスタオル200円

◇タオルレンタル

バスタオル200円。

・シャンプー、リンス、ボディソープ、備え付けあり。

※就学前のお子様は、無料でご利用できます。
※オムツが取れていないお子さんの入浴は、ご遠慮ください。

その他の施設
利用料

○8畳和個室
1時間800円

HP

 

4. 太田温泉 やまぶきの湯 〜常陸太田地区〜

写真

・常陸太田市総合福祉会館 外観

JR水郡線常陸太田駅から西へ750mの近距離に位置する、「太田温泉 やまぶきの湯」は、常陸太田市総合福祉会館内の温浴施設です。
泉質は、ナトリウムを含んだ塩化物強塩冷鉱泉で、環境省管轄の「療養泉」に認定され、身体の痛みの軽減、疲労回復、冷え性の緩和などの効能が認められています。

〜お風呂〜

写真

・大浴槽

お風呂は大浴槽が1つとシンプルですが、浴室内にサウナが併設されています。
温泉の効能を求めて、常連の方をはじめ、市内外からも多くの方が利用しますが、「比較的のんびりできるのは、金曜日の夕方ですね。」と受付の安藤真弓さんは話します。
また、総合福祉会館で行われるフリーマーケットや市のイベントにお子さんと一緒に出かけて、館内の風呂を利用すると、いつもと違った遊び方ができますね。

○令和5年度 フリーマーケット開催予定日

4〜6月、10〜12月の第1日曜日 9:00~11:30 

※変更になる場合もございます。詳しくは、お問合せください。

〜休憩・お食事〜

休憩は、受付を挟んだ左右に部屋があり、右側の和室「大広間」は、56畳と広々しているので、利用者の人数が多い時間帯でもゆとりがあります。

写真

・大広間

左側のリラックスルームは、入口付近には、小ぶりの和室が2部屋あり、その奥には深くゆったりと腰掛けられるソファーが並びます。

写真

・リラックスルーム 入口付近の和室 

写真

・リラックスルームのソファー

休憩室への食事の持ち込みは自由で、お弁当やおやつを持参することもできますが、提携の「いづみや本店(うどん・そば)」からのデリバリーが可能ですので、注文については受付にお申し出ください。

※常陸太田市総合福祉会館内での飲酒はできません。

やまぶきの湯では、常連の利用者にうれしい、スタンプカードを発券しています。入浴1回につき、スタンプが1つ押され、20回の利用で、入浴1回が無料に。また、毎月26日の「風呂の日」や11月13日「茨城県民の日」などは、スタンプが2倍になります。詳しくは、受付の際にお尋ねください。また、土、日、祝日の料金が平日と変わらないのも利用者には嬉しいポイントですね。

写真

・やまぶきの湯 受付

施設名

太田温泉 やまぶきの湯

住所

〒313-0041 常陸太田市稲木町33
(常陸太田市総合福祉会館内)

電話

0294-72-2111

営業時間

10:00~20:00(受付は19:30まで)

食事

休館日

毎週月曜日(休館日が祝日の場合は火曜日)
年末年始(12月28日~1月4日)

入浴料

○毎営業日
大人(中学生以上)620円 小人(3歳以上中学生未満)310円

○17:00~
大人(中学生以上)520円 小人(3歳以上中学生未満)200円

◇タオル販売 

フェイスタオル200円

※タオルのレンタルは行っておりません。

・シャンプー、リンス、ボディソープ、備え付けあり。

※3歳未満のお子様は、無料でご利用できます。

その他の施設
利用料

HP

https://www.akatukikousan.co.jp/yamabukinoyu/

 


ご紹介した市内4箇所の温浴施設は、いずれも、湯温や泉(湯)質をはじめ、設備の管理も行き届いているので、お子さんと一緒に心地よい入浴ができます。
また、家族で楽しめる「鍋足山トレッキングコース」や「竜神大吊橋」などのレジャースポットもあるので、好みのお風呂を選び、お子さんと一緒にお出かけください。

 

 

FacebookTwitterLine