親子で作り、楽しむ「食欲の秋」

親子で作り、楽しむ「食欲の秋」

心地よい風を感じ、過ごしやすいこの時期、果物や穀物などさまざまな食材が旬を迎えます。
常陸太田市では、【常陸太田市認証特産品】の「常陸秋そば」や「里川かぼちゃ」などをはじめ、さまざまな作物の収穫があり、「食欲の秋」が到来します。

写真

・秋の蕎麦畑(金砂郷そば街道)

秋に食欲が増す理由の一つは、気温が低くなると体温を保つための基礎代謝(生きるために必要な最低限のエネルギー)を上昇させるため、気温が高い季節よりも多くのエネルギーが使われるためだからです。
食べ物がおいしく、食欲が増すこの季節に、お子さんの大好きな献立をご家族で作って楽しみましょう。
そこで今回は、市内の飲食店「なごみ家」にご協力いただき、お子さんの好きな献立ランキング常連、鶏モモ肉の唐揚げのアレンジレシピをご紹介いたします。

■太田ザンギとトマトのチーズオーブン焼き

写真

・太田ザンギとトマトのチーズオーブン焼き(完成イメージ/1人前)

ご紹介する献立は、鶏モモ肉の唐揚げ「太田ザンギ」にトマトとチーズを合わせ、市内で採れた新鮮レタスを盛り付けた「太田ザンギとトマトのチーズオーブン焼き」です。
ザンギとは、醤油ベースのタレに鶏肉をつけ込んで作る唐揚げのことで、「太田ザンギ」には、店主川上正明さんの想い「唐揚げで常陸太田市に笑顔を増やしていく!」が込められています。
また、トマトも唐揚げと同様、お子さんの好きな野菜ランキングの常連ですので、ランキング上位の組み合わせは、食欲をそそられますね。

【材料】
1人前

・太田ザンギ(調理前)100g
 ※通常の鶏肉(モモ肉)を使ってもおいしくいただけます。
        その際は料理酒、しょうゆ、生姜、ニンニク等で味付けをしてください。
・トマト 1/2個
・とろけるチーズ(ピザ用)50g
・レタス類 適量
・片栗粉 適量

※「太田ザンギ」は「なごみ家」をはじめ、市内のスーパーでお買い求められます。詳しくは「なごみ家」までお問い合わせください。

【01】太田ザンギ(※モモ肉)に片栗粉をまぶす

写真

・バットなどの容器に片栗粉を敷き肉にまぶす

ポイント

片栗粉は太田ザンギ(※モモ肉)の赤身が見えなくなるまでまぶしてください。赤身が見えた状態で揚げると焦げやすくなります。余分な粉は揚げる前におとしてください。

【02】太田ザンギ(※モモ肉)を油で揚げる

写真

・170℃の油で約3分揚げ(表面2分、裏面を1分)、一口サイズに切る。

ポイント

太田ザンギ(※モモ肉)は一口サイズに切る前に揚げましょう。切ってから揚げると焦げやすくなります。
※写真は、業務用のフライヤーを使用していますが、ご家庭では、鍋で油を熱して調理してください。

【03】太田ザンギ(※モモ肉)、トマト、チーズを合わせる

写真

・太田ザンギ(※モモ肉)、乱切りにしたトマトとチーズを合わせて混ぜる

【04】オーブンで焼く

写真

・耐熱皿に盛り付け、200℃のオーブンで約5分間加熱する

【05】レタス類を添える

写真

・フリルレタス、サニーレタス、などのレタス類をはじめ、お好みの野菜を皿の周りに盛り付ける

お子さんと一緒に野菜をちぎり、華やかに盛り付けましょう。
※容器が熱くなっているので、ヤケドにご注意ください。

【06】完成

写真

溶けたチーズとトマトが、タレの浸みた唐揚げに良く絡みます。また、レタスと一緒に食べることでシャキシャキとした食感も楽しめます。


お子さんの大好きな献立と野菜を合わせた、鶏モモ肉の唐揚げのアレンジメニューを紹介しましたが、お子さんの発育・成長に必要な栄養についても気になるところですよね。鶏モモ肉の唐揚げには、体内で作ることができない9種類の「必須アミノ酸」がバランス良く含まれ、脂肪燃焼、筋肉増強、疲労回復効果があります。そして、トマトの代表的な栄養素「リコピン」には、抗酸化作用があり、血流を改善する効果や、生活習慣病を予防する効果が期待されます。お子さんが大好きで、おいしく、ヘルシーなメニューを楽しみましょう。
ほかにも秋に収穫される、子どもたちが好きな野菜ランキング上位の「サツマイモ」「じゃがいも」など市内には、多くの収穫物があります。地元の食材を活用し、お子さんと一緒に料理を作り、楽しく食べることで、ご家族全体の健康な身体づくりを心がけましょう。

[協力]
なごみ家
〒313-0004 常陸太田市馬場町85-1
電話:0294-51-2046
営業時間:居酒屋17:30〜23:00
     テイクアウト10:00〜23:00
定休日:日曜・祝日 ※祝日が休業になる場合があります。詳細はHPでご確認ください。
HP: https://nagomiya-ota.com/

 

FacebookTwitterLine