自然豊かな「かなさ笑楽校」でワーケーション/学校の面影味わい、仕事と余暇楽しんで

自然豊かな「かなさ笑楽校」でワーケーション/学校の面影味わい、仕事と余暇楽しんで

 

働き方の多様化や、新型コロナ感染症の拡大により、リモートワークの普及が広がりつつある中、場所にとらわれない働き方の1つとして、普段の職場や自宅とは異なる地域での滞在を楽しむ「ワーケーション」が注目されています。
市では、閉校した小学校を改修した体験交流施設「かなさ笑楽校」を「ワーケーション」の施設として活用する取り組みを始めました。

写真

・小学校の校舎を活かした「かなさ笑楽校」の外観

※ワーケーション:「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を組み合わせた造語。観光地やリゾート地などでテレワークを活用し、働きながら休暇をとる過ごし方のこと。

■学校の面影残る施設で快適にテレワーク

「かなさ笑楽校」は、13室で84人程度の宿泊が可能です。宿泊用の部屋からは山々に囲まれた校庭が一望でき、壁面は県産の杉材でリノベーションされ、元教室とは思えない温かみのある雰囲気です。

写真

・客室5年1組(洋室12名) 黒板を設置しているなど学校の名残も。

一方で、階段やトイレなどには学校の面影が残されており、懐かしさを感じ、「学校に宿泊している」というワクワク感を楽しめるところが特色です。

写真

・客室2年2組(洋室4名)

※宿泊料金:大人1泊2,100円〜、小人1,050円〜。
詳しくは、かなさ笑楽校HPの宿泊をご覧ください。

3Fにある音楽室や図書室は眺めも良く、Wi-Fiが完備されています。
音楽室には大型のモニターも3台あり、快適にテレワークができる環境が整っています。

写真

・リノベーションされた図書室でリモートワークをする利用者

※1部屋(複数人での利用可)1時間400円

リモートワークができる環境として、本棚の下部や南側窓際の備え付けテーブルには、PC用のコンセントが設置されております。

図書室には絵本、図鑑、学習漫画、小説など小学校の図書室で使用されていた本約400冊が蔵書として残されているので、ワーケーションで来た家族や子どもたちがくつろぎながら読書を楽しむこともできます。

写真

・図書室の蔵書を読む子どもたち

 

写真

・南の窓から校庭が一望できる開放感のある音楽室

※1部屋(複数人での利用可)1時間400円

仕事の合間に家族と音楽室を利用して、ゲームやカラオケを楽しむことも。

写真

・eスポーツが体験できる音楽室の大型モニターとゲーミングチェア

※eスポーツ(esports):コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称

体育館のステージ上には「ボルダリングウォール」が整備されているので、気軽にクライミングをすることができます。

写真

・ボルダリングウォール ※宿泊客は無料で楽しめます。(9時~17時迄)

校庭にテントを張ってキャンプもできます。(テント張エリア有り)
いつもとは違うロケーションで楽しんではいかがでしょうか。

写真

・校舎エリアでのキャンプの様子。

 

写真

・一般サイト2,000円、体育館サイト5,000円(ドラム缶風呂付き)

※急な悪天候時には部屋泊に切り替えることも可能です。

そのほか、そば打ちや石窯でのピザ焼き、ごはんのかまど炊き、川遊び体験・ドラム缶風呂(いずれも季節限定)、竹あかり体験などさまざまな体験活動が楽しめます。

写真

川遊び体験(7月~9月 600円/1人)

写真

ドラム缶風呂(7月~9月 500円/1ドラム缶)

写真

竹あかり体験(1本1,000円)

■自然と余暇、どちらも楽しむ

子連れファミリーが一泊二日で利用した場合、どのようなスケジュールになるか、かなさ笑楽校の本田副校長に 一例を挙げていただきました。

「一日目はチェックインの14時にお越しいただき、お仕事は図書室や音楽室にてテレワークで、お子さんと遊ぶときは体育館でボルダリングや卓球、バトミントンなどが出来ます。夜はご家族でバーベキュー。入浴施設もあるので、お風呂もすぐに入れます。

写真

・清潔な入浴施設(1階)

翌日は施設内で朝食後、チェックアウト時間の10時までテレワーク、ご家族は、自然の中で、そば打ちやピザ焼きなどの体験活動などを楽しみます。作ったそばやピザでランチにしてもよいし、ご注文いただければお弁当の昼食を出すことも可能です。十分楽しまれた後、帰宅の途につく、というイメージですね」

これまでの宿泊客からの感想からも、設備を活用してテレワークに勤しみながら、さまざまなアクティビティーを楽しんでいるとのことでした。

■平日の滞在者を増やしたい

本田副校長は、「現在は一泊二日で利用される方が多くいらっしゃいます。また、平日は、比較的空いているので、平日に都会から来ていただいて、常陸太田市の自然と開放的な空間で効率良くお仕事をされて、アクティビティーも楽しんでいただき常陸太田市の魅力を多くの方に知ってもらいたいですね。」と述べていました。

かなさ笑楽校
住所:〒313-0103茨城県常陸太田市下宮河内町820
電話:0294-76-9899(受付時間:9:00~17:00)
メールアドレス:kanasahurusato@gmail.com
HP:https://kanasahurusato.jp/

※予約制。詳細はHPを参照し、電話かメールでお問い合わせください。

 

FacebookTwitterLine