今月の「papamamaじょうず」

「かかりつけ医」にお尋ねしました
第1回 冬の感染症の予防と対策

気温が下がり、空気が乾燥してくると風邪やインフルエンザなどの感染症が流行りはじめます。今回は感染症が流行する理由、そして、予防方法をひたち太田家庭医療診療所の木村 紀志 院長にお伺いしました。全3回にわたってお届けします。

冬に風邪が流行する理由

木村 紀志 院長

※風邪とインフルエンザには症状の出方などに違いがありますが、日常生活での予防の方法は共通しています。
ここからは「風邪の予防」としてお話をします。

冬になると例年、風邪やインフルエンザが流行ることが多いのは確かです。
その原因の一つは、飛沫にあります。
咳やくしゃみによって吐き出されたウイルスの飛沫によって、人から人への感染が拡がります。ここで重要になるのが、飛沫の飛ぶ距離です。大気中の水分(湿度)が多いと飛沫の粒が大きく重くなり、遠くに飛びにくくなります。逆に乾燥している冬場は、飛沫が細かく遠くまで飛ぶので周囲に広がりやすくなるのです。

予防1「マスク」飛沫を防ぐ

写真

風邪の予防の原則は、ウイルスを周りに飛ばさないようにすることです。
そのためにはマスクを着けることが有効です。市販で入手しやすいものは、特にサージカルマスク(不織布のマスク)の効果が高いとされています。
マスクの目的は、相手からの感染を防ぐよりもむしろ、自分の口からウイルスが外へ飛ぶのを抑えることです。
それと、サージカルマスクの利点は「使い捨て」です。使用したマスクにはウイルスが付いている可能性がありますので、マスクを外したら処分してしまうのが一番安全です。

予防2「手洗い・手指消毒」清潔な環境

写真

布のマスクの場合は、使ったら毎日しっかりと洗濯することが大切です。
布も不織布も着脱の際は、どうしてもマスク自体に触れなければなりません。その時、ウイルスが手につく可能性がありますので、必ずマスクの着脱をしたときには、手をアルコールで消毒する。もしくは、石鹸で手を洗うように心がけてください。
マスクのつけ外しに限らず、様々な場所を触る手はウイルスに汚染されそれを周囲に拡げる原因になりがちです。目や口、鼻を触る前後、屋外から部屋に入ったときなどこまめに手洗いや手指のアルコール消毒を心がけましょう。
飛沫が飛んだおそれのある場所などは、消毒をしてなるべく清潔にするように意識してください。

予防3「加湿」  空気を乾燥させない

加湿器などで部屋が乾燥しにくい環境をつくることで、のどの粘膜のうるおいを保つことができます。そして、うがいでものどの粘膜を湿らせる(うるおわせる)ことができます。
のどのうるおいを保つために特別な飲料等はありません。水でこまめに、うがいをしましょう。
以前、お茶が効果的という話がありましたが、のどをうるおす意味では水でもお茶でも構いません。あと、お茶でのうがいが水よりも有効だという科学的な根拠は、見つかっていないようです。
また、のどが乾燥して粘膜に細かい傷ができると、そこからウイルスが入りやすくなります。通常、のどの粘膜は粘液(唾液など)で湿っています。粘膜から分泌された粘液がウイルスを捕らえて外に押し出して感染を防ぐ、これが「粘液によるバリア機能」です。
このバリア機能が低下することでのどに入ってきたウイルスを外に出すことが難しくなり、風邪にかかりやすくなってしまいます。

風邪予防の心得

写真

端的に、「〇〇を食べると感染しにくくなる」とか、「●●を飲んだから病気が早く治る」というような食べ物や薬は、風邪については基本的にありません。
あえて言うのであれば、基礎疾患(糖尿病等)がなく、十分に栄養が摂れていて、しっかりと休息もしている。いわゆる、体調を壊しにくい状態に保つことが一番有効です。
さらに、ありのままをお伝えすれば、一定以上のウイルス量が体内に侵入してしまった場合の発症は、なかなか避けられません。風邪にかからないようにするためには、「ウイルスが体内に入らないようにする」、基本的にはこれに尽きますので、今回お話した予防法を心がけるようにしてください。
新型コロナウイルス感染症に伴う「新しい生活様式」は、風邪を予防するうえで非常に効果的です。この習慣を継続していくことで風邪の予防にもつながります。

★感染症の予防方法
1.「マスク」 2.「手洗い・手指消毒」 3.「加湿」

[協力]
ひたち太田家庭医療診療所
〒313-0011茨城県常陸太田市西宮町1876
TEL 0294-59-3340
HP:https://hitachiota-fc.com/doctor/

お雑煮をつくろう

写真

橋本 あゆみさん

新年を迎え、寒さも一層厳しくなって来ます。この年末年始はできるだけ外出や旅行を自粛されたご家庭も多かったのではないでしょうか。今月は常陸太田市地域おこし協力隊の橋本あゆみさんに山口県出身のご主人直伝、下関のお雑煮を紹介していただきます。本州最西端のお雑煮で気分を変えてみるのも良いかもしれません。

山口県下関市のお雑煮

材料(2人分)

  • 切り餅   4つ
  • 水    500ml
  • だしパック 2つ
  • 酒   大さじ1
  • 醤油  大さじ1
  • 塩  ひとつまみ

◇具材

  • 里芋   5つ
  • 人参  1/4本
  • 大根  1/8本
  • 白菜(葉の部分) 5枚分位
  • 椎茸   4つ
  • 油あげ  1枚
  • かまぼこ 4枚

◇薬味

  • ゆずの皮  適量
  • 三つ葉 4~5本

作り方

【01】水500mlにだしパックを2つ入れ、少し濃い目のだしをとります。

写真

ポイント

煮立たせ過ぎず、じっくりとだしをとりましょう。

【02】具材の下ごしらえをする。

写真

  • 人参を輪切りにし、お好みで型抜きをします。
  • 大根は薄く皮をむき、2~3ミリの厚さのいちょう切りにします。
  • しいたけのいしづきを取り除き、十文字の飾り包丁を入れます。
  • 油あげに熱湯をまわしかけ、軽く油抜きしてから細かく短冊切りにします。

写真

  • 白菜は、葉の部分だけを細かくちぎります。
    ※お子様と一緒にちぎるのも楽しいと思います。
  • 里芋の皮をむいて六角形に切り、水につけてぬめりを取ります。

ポイント

具材の切り方に決まりはありません。食べる方の年齢や好みに応じてアレンジしてみてください!

【03】 【01】に火の通りにくい順番で具材を入れ、煮込みます。

写真

  • 初めに里芋、大根、人参などの根菜類

写真

  • 次に椎茸、白菜、油あげ、かまぼこ

写真

  • そして、餅を鍋に直接入れお好みの柔らかさになるまで煮込みます。
    ※山口県では丸餅を使いますが、角餅で代用しました。

写真

  • 最後に、だしパックをおたまを使ってしぼり、酒、醤油、塩で味を調えます。

ポイント

餅がなべ底に焦げ付きやすいので、火加減にご注意ください。煮込んだお餅はやわらかいのでお子様やご高齢の方におすすめの食べ方です!

【04】お好みで三つ葉と柚の皮をちらして、完成です。

写真

濃いだしが特徴のお雑煮はいかがだったでしょうか。山口県ではかまぼこの他、ちくわを加える家庭もあるそうです。
常陸太田市の定番、けんちん雑煮も良いですが、お雑煮のバリエーションの一つとしてどうぞお試しください。

[協力]
常陸太田市地域おこし協力隊 橋本あゆみさん

今月のイクメン

常陸太田市地域おこし協力隊の橋本大輝(はしもと ひろき)さんに4歳2ヵ月の長女、あかりちゃんと1歳4ヵ月の長男、大雅(たいが)くんの子育てについてお話を伺いました。橋本さんは、山口県下関市の出身です。奥様の実家が常陸太田市内にあり、新型コロナウィルスの影響もあり2020年9月に東京から移住してきたそうです。

写真

橋本大輝(はしもと ひろき)さん(35歳)
常陸太田市地域おこし協力隊
[長女]あかりちゃん(4歳2ヵ月)
[長男]大雅(たいが)くん(1歳4ヵ月)

■子どもたちについて

写真

長女のあかりは、恥ずかしがり屋で、知らない人がいると照れてしまうことがあります。私たち夫婦が津軽三味線の演奏や民謡を歌ったりしていた影響で、見様見真似で「東京音頭」などの民謡を口ずさむようになっていました。
次男の大雅は、やんちゃな子です。好奇心が旺盛で、自分が悪いことをしていると分かっていてもニヤニヤと笑いながら逃げたりするいたずらっこです。

■子どもたちへの願い

子どもたちには、自分のことを自分で決められるようになってほしいです。「こうしなさい、あぁしなさい」と指図することはできるだけ避けたいです。もちろん、常識的なことは、子どもに教えるべきだと思いますが、将来の進路や生き方などを強要したくはありません。

■家事の分担と育児

写真

家事の役割については、特に決まっていることはありません。暗黙の了解で、私の役割は、お風呂掃除や、ゴミを集積所に出すことです。あと、気付いた時に掃除等をできるだけするようにしています。
妻が食事の用意をしているときなど、子どもたちの遊び相手をしていますが、大雅が母親に対する「後追い」があって、言うことを聞いてくれないこともあって、なかなか大変です。

■常陸太田市の魅力

常陸太田市に引っ越してきてから約3か月が過ぎましたが、「のどかさ」が気に入っています。豊かな自然の景色を眺めていると、東京に比べてゆっくりと時間が流れているように感じられます。
子育て面では、保育園の園庭が広く、子どもたちがのびのびと遊べたり、思いっきり走ることができる環境がとてもありがたいです。
都会のようなレジャー施設は少ないですが、代わりに無料で遊べる自然豊かな場所が多いところも魅力の一つです。

■家族全員が笑いあえる家

写真
写真

笑顔があふれていて、喧嘩や隠し事がない関係が理想ですね。楽しく団らんできる家庭と、険悪な感じでピリピリしている家庭では、子どもたちの心と体に大きな差がでてくると思います。家庭内でのいざこざをできるだけなくして、笑いと団らんを作ることを心がけています。もちろん夫婦間で、お互いの意見が合わずに怒りたくなる時もあります。そんな時は、まず相手の話を聞きながら、自分の気持ちが落ち着くまで待つようにしています。
これは、子どもたちに対しても一緒です。何か腹立たしいことがあったとしても、とりあえず、気持ちを落ち着けるようにしています。
ただ、嘘をついたり、言い訳をしたり、何かごまかした場合のように、言葉や行動に誠意が感じられない時には、しっかりと叱るようしています。

■かけがえのない「学び」

写真

当たり前のことかもしれませんが、この子たちがいたからこそ、今の私がいます。そして、だからこそ、仕事や家庭をはじめ様々なことで、自分自身を「高めよう」と思うことができます。
私にとって子育ては、様々な経験を通じて自分自身の成長を後押ししてくれるような「学び」です。子どもたちがいるから、いろいろな気づきがあり、それを活かしながら「もっと頑張ろう」と日々のやる気へつなげています。

幼稚園・保育園紹介

常陸太田市立久米幼稚園

よさを認め・鍛え・励まし・夢や志を育む

久米幼稚園は、昭和46年5月17日に金砂郷村立久米幼稚園として開園しました。
本園は、自然環境に恵まれ、やすらぎの森や森林公園が近くにあります。自然とかかわる中で、虫や花と触れ合い、興味を高めています。
また、久米小学校のマラソン大会の応援に行ったり、地域の方とグランドゴルフをしたりして、交流を図り、思いやりの心を大切にした保育に取り組んでいます。

写真
写真
写真
写真
写真
いきいき 久米っ子 育成プラン

「明るく」思いやりとやさしさのある子どもを育てる(徳育)

  • 人とかかわる力の基礎づくり

「楽しく」よく考えて、学ぶことのできる子どもを育てる(知育)

  • 遊びを通した幼児期にふさわしい学びの充実

「元気よく」体を鍛え、健康な子どもを育てる(体育・食育)

  • 健康な体を作る多様な運動や食育
所在地 〒313-0125 常陸太田市大里町4401-6
代表者 園長 萩谷 和昭
TEL 0294-76-2063
メールアドレス kinder6@city.hitachiota.lg.jp

太田さくら認定こども園

「知・情・体」三位一体の総合教育

幼児の持つ可能性は無限大です。人間の持つあらゆる諸能力の基礎が形成されるこの時期だからこそ、より良い環境と経験が必要です。当園では「知・情・体」三位一体の総合教育を目標にことばとリズムとテンポを基調とした、言語活動、音楽活動、体育活動など、さまざまな経験を日々展開しています。

英語教育クラス

GrapeSEEDは自然な言語習得の原則に基づき「話せる英語」を身につける(GrapeSEED)カリキュラムです。こども園に通いながら英語教育GrapeSEEDが学べます。

各種専門教室(パソコン教室、体操教室、音楽教室、英会話教室)

すべて保育時間内に行います。

その他課外教室としてパソコン教室、ピアノ教室、英会話教室、スポーツクラブ等、習い事が可能です。

所在地 〒313-0065 常陸太田市中城町4451
代表者 園長 飯田 順子
TEL 0294-33-7111
ウェブサイト http://aikohkai.or.jp/ootasakura/

少年団紹介

常陸太田市空手道スポーツ少年団

強い心と体を作ろう 犯罪者から身を守ろう

当スポ少では、幼稚園3名、1年生1名、2年生2名、6年生1名、一般2名(公認指導員)が稽古に励んでいます。
(公財)日本スポーツ協会が勧めるアクティブ・チャイルド・プログラムを導入しており、自主的に楽しみながら体を動かせるような内容です。
空手道は、礼に始まり礼に終わる武道です。礼とは、自分・相手・指導員・親に対する礼、失われつつある人の道(道徳・忍耐・尊敬・慈悲)を空手道を通して習得し心と体を鍛えます。

写真
写真
写真
写真
写真
主な活動場所・活動時間
  • 工芸交流センター楓
  • 毎週金曜日 19時~21時15分
所在地 〒309-1345 桜川市入野320
代表者 永瀬 順子
TEL 0296-76-0683
ウェブサイト http://karate-eigoukai.com/

水府修道館少年柔道教室

自立・克己・真心

200に近い国や地域で「柔道は教育システムである」といわれ、盛んに活動されています。
また、当地方には江戸時代中期水戸藩で確立された柔術「が子どものに」から名付けられた「為我流和術」があります。指導者はその理念の探求・研鑽に精進し、定例練習をはじめ各種大会、合同練習会、駅伝大会など、いろいろな活動を通して子どもたちの“知力・体力・人間力”の形成を応援しています。メンバーは誉田・機初・佐竹・太田小学生、瑞龍・水府中学生および高校生、指導者で合計23人です。

写真
写真
写真
主な活動場所・活動時間

定例練習 年間を通して週3日行っています。

  • 火曜日 18時30分から20時30分 太田一高柔道場
  • 金曜日 18時30分から20時30分 水府海洋センター
  • 土曜日 13時30分から16時30分 水府海洋センター

※今後の活動場所については、加入者の利便性を考え市民武道館を使用できればとお願いしています。

所在地 〒313-0351 常陸太田市天下野町1608
代表者 水府修道館少年柔道教室代表 長嶋 猛夫
TEL 090-4845-2676
ウェブサイト https://suifu-judo.wixsite.com/suifujudo
FacebookTwitterLine