今月の「papamamaじょうず」

親子でできるかんたんストレッチ

地域密着型スポーツ施設、スポーツプラザ山新常陸太田のインストラクター、大塚祐志さんと鈴木莉歩さんにご協力いただき、心身ともに健康を維持し、ご自宅でできる簡単なエクササイズをご紹介いただきました。全3回にわたってお届けします。

大塚祐志さん
(チーフインストラクター)
鈴木莉歩さん
(インストラクター)

スポーツプラザ山新では、主にフィットネスジムとプールでの健康運動を会員様にご利用していただいております。地域密着型スポーツクラブとして、健康促進のアドバイスなどをご提供させていただいております。

当クラブの会員様は平均的に50代60代と年齢層の高い方が多いのですが、パパママ世代を対象に、普段私どもが接している会員様よりも若い世代を意識したメニューをご用意いたしました。

子育て期間中に生じる大きな問題の1つは、「時間」だと思います。つまり、自分の時間が取れない事から来る運動不足です。子育て経験のある弊社スタッフにも話しを聞きましたが、健康診断や人間ドック等で実際に症状を知ってから自分の病気を実感する方も少なくないようです。

一般的に出産や育児により、体調・体型ともに変化が起きやすくなります。多く見られる例は、体重の増加です。体重が増えることで、疲れやすく、体調が思わしくなくなってきます。具体的には肩こり、腰痛、そして、膝をはじめ下半身にも体重増の負荷で何らかの影響がでてきます。更には肥満、高血圧などの生活習慣病を起こす原因にもなります。

そして、体重の増加は、その負担から生活動作も減少しますので、筋力が低下してしまいます。こうした体の変化を実感する方も多くみられますし、筋力が弱くなってくると関節や骨にも影響が及んできてしまいます。

若い世代は、多少痛みがあっても「これくらいは大丈夫」とあまり気にしなかったりしますが、それがいずれ、生活習慣病の原因になり、合併症など大きな病気につながるケースもあります。

様々な生活習慣病がありますが、若い世代では運動不足、睡眠不足、子育て、近所づきあいのストレスが原因になるものも考えられます。また、ストレスからの暴飲暴食や喫煙、これらは、肥満や高血圧、糖尿病の原因となります。

今回紹介するエクササイズは本当に簡単です。関節や筋肉の可動域に働くストレッチで、体のメンテナンスとリラックス効果があります。睡眠不足の解消やストレスの軽減、そして、活動エネルギーを活発にできる要素があると思います。

今回紹介するエクササイズですが、体勢を維持する時間の目安は呼吸と関連があります。息を吐きながら行い、呼吸は止めないようにする。ご紹介した運動を数種類お選びいただき、習慣化すると運動不足の解消と健康維持につながりますので、無理のなく出来るものを選んでぜひ試してみてください。

1 下半身のストレッチ

足の裏と裏をあわせて、股関節周りをほぐします。

股関節をほぐすと歩幅が広くなるので、歩く動作もスムーズになってきます。そして、股関節を意識しながら、足に反動をつけて、両膝を床につけるように開きます。(写真)
次に、同じ体勢から上半身を前にたおします。膝が上がりやすいので膝の位置を維持したまま前屈するように心がけてください。

【ストレッチの目安:1回10秒 3セット】

写真
写真

2 仰向けで膝を抱えるお尻のストレッチ

片方の膝を両腕で抱えてお腹のほうへ引きつけるストレッチです。主にお尻の筋肉をほぐします。膝がお腹につかない方もいますが、できる範囲で行ってください。お尻が固い方は反動で反対の足が浮いてしまうので気を付けてください。反対側の膝が曲がらないようにしてください。
うまくいかない方は膝の裏を引くような形にしても結構です。(写真右)

【ストレッチの目安:1回15秒 3セット】

写真
写真

3 あぐら座で肩のストレッチ

肩こりの緩和が期待できる、上腕から肩の内旋と外旋です。手のひらが上向きを外旋と言い、腕を体の外側に向かってひねり肩を開きます。反対に手のひらが下を向いている内旋は、内側に向かって回転するので肩を絞っている状態になります。肩の筋肉は複雑なので、両腕から肩を水平状態にして、インナーマッスルを意識するとより効果が上がります。

【ストレッチの目安:1回10往復 2セット】

写真
写真

4 背中全体のストレッチ

膝を折ってうつ伏せになります。そして、手を伸ばして胸をぐっと床につける感じです。これは、肩を上に伸ばし、肩の後ろから背中と連動しています。そして、更にお尻を足のほうに引けば、もっと腰も伸ばす効果があります。

【ストレッチの目安:1回15秒 2セット】

写真
写真

5「猫のポーズ」お腹のストレッチ

そして、先ほどの「背中全体のストレッチ」の体勢から体を起こして四つん這いになります。そこから、首と腰をそらせて天井を見るように上半身を伸ばします。俗に言う「猫のポーズ」です。この体勢は腹筋を伸ばす効果があります。
もし、猫のポーズがやりにくいのであれば、先ほどと同じように足を伸ばして上体をそらしても構いません。足を伸ばしながらのストレッチは腕がつらくなければ、四つん這いよりも伸びている感覚を実感できます。

【ストレッチの目安:1回15秒 2セット】

写真
写真
[協力]
スポーツプラザ山新常陸太田
〒313-0005 常陸太田市栄町3350−1
TEL 0294-80-6500
HP:https://www.sp-yamashin.jp/oota/

かぼちゃをつかった離乳食

今年もハロウィンの季節になってきましたね。
かぼちゃでジャック・オー・ランタンを作るパパさんママさんもいらっしゃるのではないでしょうか?
今月は市内在住の中野明紗(なかの めいさ)さんにご協力いただきまして、かぼちゃの和風リゾットをつくってみましょう!

「かぼちゃの和風リゾット」レシピ

離乳中期:生後7~8ヶ月
調理形態:舌でつぶせる固さ。

メニュー

かぼちゃの和風リゾット

材料

*ご飯    30g
*かぼちゃ  10g
*玉ねぎ   10g
*豆腐    10g
*和風だし汁(乳児用) 100cc

作り方

1)かぼちゃはやや厚めに皮をむき、種・わたをよく取ったものを5~7mm位の角切り、玉ねぎはみじん切りにする。豆腐は1cm角位に切る。
2)鍋にかぼちゃが浸るくらいの水を入れ、みじん切りにした玉ねぎを加える。煮立ってきたらかぼちゃを入れ、さらに煮る。
3)玉ねぎ、かぼちゃが柔らかくなってきたら、和風だし、ご飯を加えてとろみが出るまで煮る。最後に1)の豆腐を加えて一煮立ちさせたら、出来上がり。

ポイント

豆腐を白身魚や鶏ささ身、和風だしを洋風だしに変え、チーズを加えて洋風リゾットにアレンジ可能です。

時短テク

ご飯をお粥にすると3)の煮込み時間が短縮できます。
そのときは
*お粥    40g
*和風だし汁(乳児用)50cc
にして水分量を調節してください。

写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真

中野さんの子育てQ&A

名前:中野 紗椰 月齢8ヵ月
人見知りしない活発な女の子

Q.子育てで意識していることは?

話しかけ、語り掛けをおこなう
丁寧な言葉 敬語も使う

Q.子育てで困っていることは?

生後2~3か月は少しぐずったりして、ずっと抱っこをしていたが、それでも、一般的な赤ちゃんよりも短く、手のかからない子
「背中スイッチ」 <抱っこをやめて布団に置くと目を覚ます>もない

Q.読者に向けて

子どもの行動をむやみに制限しない。(興味・関心を削がない)
ダメダメとすぐに否定することはせずに、危なくない程度のいたずらは見守る

今月のイクメン

現在、常陸太田市で肉用牛の経営を営む佐藤亘史(さとう のぶふみ)さんに3歳6ヵ月の息子さん陽(はる)くんの子育てについてお話しを伺いました。佐藤さんの生まれは茨城県潮来市ですが、1歳から常陸太田市の里美地区で育った生粋の太田っ子です。

■妻に似て気遣い上手

写真

陽のことを一言でいうと「奥さんに似ている」です。妻は東京で生まれ育ち、彼女が小学6年生の時に父親の実家がある里美地区に引っ越してきました。当時の妻の写真を見ると息子と「瓜二つ」です。顔が似ていることもあってか性格も似ていて、とても気が利きます。空気をよく読める子かなと思います。
例えば、子どもなので母親に叱られたりすると「お母さんきらい」、「お父さん好き」とその場はストレートに感情を表現しますが、しばらくすると「どっちも好き!」と自分から仲直りのきっかけを作ったりもします。また、勘も鋭くて、妻や私がほんの少しでも普段と違うような素振りをすると「怒ってる?」と尋ねてきます。まるで、見透かされているようで、この子の前では滅多なことはできないと思います。僕と似ているところは、ホクロの位置と寝相ぐらいですね…。

■話に耳を傾けることと、スキンシップ

写真

平日は妻も仕事に出ていますので、陽は保育園に預けています。送り迎えは僕の担当です。以前は19時ぐらいまで預けていたのですが、18時頃には他の子どもたちが誰もいなくなってしまい、寂しくて泣いてしまうこともありました。そこで、今は16時~17時には保育園にお迎えに行き、その後、おじいちゃんおばあちゃんのところで預かってもらっています。
妻が仕事で遅くなるときには、食事の用意は僕がします。一人暮らしを長くしていたものですから、料理は習慣になっていて今も続けています。
普段から心がけているのは、子どもの話をしっかり聞くことと、スキンシップを頻繁にするようにしています。陽を寝かしつけるのも僕の役割です。自営業の強みでもある自由になる仕事の配分を活かしています。寝るときも、話しを聞きながら体の一部を息子に預けています。子どもとのスキンシップや会話は、お互いの心を落ち着ける大切なひとときです。

■良いものは良い、悪いものは悪い

写真

善悪の区別をしっかりさせるようにしています。悪いことをしたときには、きちんと謝る、「ごめんなさい」が言えるように仕向けています。そして、叱らなければならない時は、その場ですぐに叱るようにしています。時間が経ってしまうと、なぜ怒られているか本人が分からなくなる可能性があるので、気を付けています。
この子を預けている保育園でも子どもたちにメリハリのある接し方をしています。自分の子どもだけでなく、周りの子どもたちも巻き込んで接していると、僕自身も刺激になります。今の時代では差し出がましいかもしれませんが、この子にとっても良いことなのかなと思います。
また、礼儀を大切にしています。昭和40年代生まれの僕ら世代は、学校の先生にかなり厳しい「しつけ」を受けていました。主観ですが、今の世の中、良いも悪いも「まぁいいか」で済ませてしまうことが多くあると思います。将来、物事の良し悪しが分からなくならないように、「良いものは良い、悪いものは悪い」としっかり区別できるようになってもらいたいです。善悪や礼儀については、会津藩に伝わる子育て、什(じゅう)の掟「ならぬことはならぬものです」が人としての礼儀を教える良い訓示だと思います。3歳の子に教えるには少し酷かもしれませんが、今から教えるべきだと思います。

■一緒に学ぶことができる それが子育ての醍醐味

写真

子育ては、当然どこの家庭も子どもが中心になります。この子どもの世界に「混ぜてもらっている」感じが好きです。まるで、子どもがいる空間に僕らが入れてもらえているような感覚です。そこでは、子どもの立場で考えることが必要になります。ですから、できるだけ目線を息子と同じにするように心がけています。すると、様々なことに気づかされ、とにかく、「一緒に学んでいる」実感があります。教えているつもりが、逆に教えてもらうことも多くありますね。
僕たちが育ってきた環境を振り返り、「温故知新」を心掛けた子育てができるのは常陸太田市、特に僕たちの住まう里美地区の魅力です。その一つとして、実家の祖父母の存在はとても大きいです。人生と子育ての大先輩である「じいちゃん・ばあちゃん」に子どもを預けることは良いことだと思いますし、祖父母と関わらないで育つのはもったいないような気がします。
祖父母との関係も含め、子育ては、子どもに何かを教えるだけではなく、子どもと一緒に学ぶ楽しさがあることを次の子育て世代にも伝えられればと思います。

■息子の将来、そして今

自分の家業を子どもに引き継いでほしいと思う親御さんもいると思いますが、僕は自分の仕事を息子にさせたいとは思っていません。むしろ、否定的です。肉用牛飼育の将来性を考えると色々な問題もありますから。もし、陽がいずれ「やりたい」と言うのであれば、親子の関係ではなく肉用牛の経営者として接するつもりです。
子どもの将来をイメージするのも良いですが、今は自分たちが親から教えてもらったことを我が子に伝えることを大切にしています。子ども通じて人生を復習している感じですかね。そんな、昔ながらの環境も多く残っている常陸太田で息子と一緒に様々な経験をする日々を楽しんでいます。

幼稚園・保育園紹介

社会福祉法人仁川会愛保育園

真の愛情を持って接します

関わりあう全ての人々に安心できる場所を提供し、一人ひとりが自分らしさを発揮できるよう、「真の愛情」を持って関わり続けます。

音楽指導

総合音楽研究所より指導のご協力をいただいております。太鼓や鍵盤ハーモニカなどの楽器にふれ、楽しみながらリズム感・音感を養います。

運動指導

外部専任講師による、身体全身を使った楽しい運動遊びを通じて、基礎体力を培います。

英会話

楽しい英会話レッスンで、様々な人と接し、幅広い学習の基盤を作ります。

食育

畑で野菜を栽培・収穫し、楽しみながら「食」を学びます。自然を肌で感じ、感性豊かな心を育みます。

所在地 〒313-0041 常陸太田市稲木町3番地
代表者 園長 小田部 和子
TEL 0294-72-2723
ウェブサイト https://www.jinsenkai.org/nursery/ai/

常陸太田市立太田進徳幼稚園

本園は、明治36年4月に県内では4番目の公立幼稚園として創立されました。本市出身で日本初の医学博士佐藤進男爵から園舎が寄贈され、令和2年度に創立118周年を迎えた歴史と伝統のある幼稚園です。「感性と表現豊かなたくましい園児を育てる」を教育目標に掲げ、子どもたちの遊びを通した学びを大切に、一人一人に寄り添った温かい保育を進め次代を担う子どもたちの育成に努めています。

輝け!進徳っ子育成プラン
  • 未就園児との交流「すくすくデー」の実施(年6回)
  • 天神ばやし太鼓の取組
  • 外部講師を招いて…みんなで踊ろう(ヒップホップ)
  • 地域とのかかわりを活かして…西山荘御前田の田植・稲刈り、公共施設への七夕飾り搬入
  • 近隣の小学校との交流
所在地 〒313-0063 常陸太田市内堀町256番地
代表者 園長 佐藤 恵子
TEL 0294-72-0317
メールアドレス kinder1@city.hitachiota.lg.jp

少年団紹介

Star kids

仲間と協力すること!楽しく元気に!全力で!

3年生 3人、4年生 2人、5年生 1人、6年生 4人、女子 7人、男子 3人

で活動しています。
バレーボールの技術だけではなく、礼儀や普段の生活態度にも気を付けて指導しています。一つのボールを仲間と一緒にどれだけ取れるかが魅力です。
バレーボール以外にも、プールやお泊り会など楽しい行事も行っていますので是非体験や見学に来てください。

主な活動場所・活動時間
  • 久米小学校体育館
  • 土曜日 9:00~3:00
  • 日曜日 9:00~3:00(変更,午前中のみの時あり)
所在地 〒313-0123 常陸太田市久米町1670番地
代表者 稲垣 和代
TEL 080-3482-5627

幸久バレーボール少年団

皆んなで元気に楽しく

2年生 1人
3年生 2人
4年生 4人
6年生 1人
幸久小学校学区以外の団員もいます。

主な活動場所・活動時間
  • 幸久小学校体育館
  • 水曜日 午後5時15分~午後7時(現在は新型コロナウイルスのためお休み中)
  • 土曜日 午後1時~午後4時
所在地 〒313-0046 常陸太田市上河合町2番地
代表者 宇野 まり子

佐竹バレーボールスポーツ少年団

奮闘努力

当団は平成4年に女子バレーボールスポーツ少年団として発足し、現在は男女2チームで活動しております。基本を大切に指導し、小学生のうちに学ぶことにより、中学、高校とより高いレベルでバレーボールを楽しんでもらうのがモットーです。コーチ兼スタッフも多数在籍し、体幹トレーニング等も取り入れております。
週末は近隣のチームと交流を図りながら、バレーボールの技術や知識の向上に努めています。
男子チーム:6年~4人、5年~3人、4年~1人、3年~3人、2年~1人
女子チーム:5年~2人、4年~7人、3年~2人、2年~2人

主な活動場所・活動時間
  • 水・木曜日 17時~19時 佐竹小学校
  • 土曜日 9時~16時 金砂郷小学校
  • 日曜日 9時~16時 幸久小学校
所在地 〒313-0043 常陸太田市谷河原町
代表者 地方公務員 佐藤 浩次
TEL 090-2748-4311
FacebookTwitterLine