投稿者: komatsu

「かかりつけ医」にお尋ねしました第3回(全3回)

「かかりつけ医」にお尋ねしました
第3回 感染症を広げないために

木村 紀志 院長

寒さも少し和らぎ、春の訪れを感じられる日もありますが、朝晩の冷え込みはまだ続きそうです。
今回は、第1回でご紹介した風邪の予防と対策に続き、ウイルス性胃腸炎の予防と対策をお教えいただくとともに、新しい生活様式に基づく新型コロナウイルス感染症を広げないための心得をひたち太田家庭医療診療所の木村 紀志 院長にお伺いしました。全3回の第3回になります。

ウイルス性胃腸炎とは

写真

例年、冬から春先にかけて増加する傾向にあるウイルス性胃腸炎の多くはウイルスによるものですが、代表的な原因にノロウイルスやロタウイルスがあります。
感染経路は、ウイルスが口から体に入る経口感染です。例えばノロウイルスの場合は、牡蠣などの二枚貝を加熱不十分なまま食べると感染します。また、感染者の糞便や吐物に触れた手から直接、あるいは間接的にウイルスが口に入る場合もあります。
症状は、ウイルスによって多少異なりますが、下痢、腹痛、嘔吐、発熱などです。

予防法 清潔な環境づくり

写真

ウイルス性胃腸炎の予防法の基本は、手洗いです。帰宅後や食事前などには、石鹸で丁寧に手を洗い、ウイルスをよせつけないように心がけてください。
身の回りの消毒には、注意が必要です。特に、ノロウイルスはアルコールへの耐性が強く、アルコールでは十分にウイルスを除去できません。表示の通り適切に薄めた塩素系台所用漂白剤を使用してください。また、使用の際には十分に喚起をするようにしましょう。
特に小さなお子さんに感染の疑いがある場合は、ケアをする親御さんにうつる可能性が高くなります。そこで、お子さんが床に嘔吐した場合の対処方法を例に、手順を説明します。

1)使い捨てのエプロン、マスク、手袋を使用し、皮膚や衣服にウイルスが付着しないようにします。ごみ袋などの大きめなビニール袋で体を覆い、簡易防護服のようにするのも効果的です。また、ゴーグルをかけるとさらに感染の可能性を軽減することができるので、おすすめです。

2)ペーパータオル等で吐物を拭き取り、同じ場所を塩素系漂白剤で浸すように拭き取ります。その後、水拭きをします。ウイルスが飛び散った可能性がある場所も同様に、塩素系漂白剤での消毒と水拭きをしてください。

3)処理に使ったペーパータオルやエプロンなどは、すぐにビニール袋に入れウイルスが外に漏れないように密閉し、処分してください。

※ノロウイルスの消毒: ×アルコール 〇塩素系漂白剤

急な下痢や嘔吐などの症状があった場合は、ウイルス性胃腸炎の可能性があるかもしれません。早めに病院を受診してください。

いろいろな感染症を取り上げてきましたが、最後に、皆さんが今一番気になっているであろう新型コロナウイルス感染予防についてお話ししたいと思います。
新しい生活様式も定着してきていますが、生活環境の変化は、心身ともに負荷がかかります。子育て中の親御さんにとっては、お子さんの保育や教育環境などの心配もあるかもしれません。
ここでは、新しい生活様式に基づく、感染を広げないための方法を再確認するとともに、体を動かして気持ちをリフレッシュする例を紹介いたします。

感染を広げないために(新しい生活様式)

写真

感染予防対策として「マスク」、「手洗い・手指の消毒」、「加湿」をするのはもちろんですが、大切なことは、より多くの人がウイルスに感染しないよう心がけ、それを実行することです。つまり、各人がウイルスを「人からもらわない」、「人に渡さない」ように意識することが重要になるでしょう。飛沫感染を防ぐために、イベント会場など不特定多数の人と接する可能性が高い場所は避け、移動手段は自家用車、バイク、自転車などを利用しましょう。そして、相手との距離が近い位置での会話などは極力控え、会話をする場合には、相手と向き合わずに1m以上、可能であれば2m以上離れることが望ましいです。また、室内では閉鎖空間にならないよう、換気扇や換気口を利用し、風が吹き込む窓とその対角線上にある窓やドアを開け、空気の出入口を作るなどの工夫をし、十分な換気を心がけてください。

新しい生活様式での負荷を減らす(ストレス解消法)

感染の危険性がないように十分な安全対策がとれれば、スポーツなどで体を動かすことが可能になります。
例えば、野外で距離をとりながら、お子さんや他の仲間たちとサッカーのパス回しなどをしてみてはいかがでしょうか。それから、ウォーキングやランニングなど距離を取って行える個人スポーツは気軽に始められます。
自分たちの環境に適したリフレッシュの方法を考えて、アイデアを出しあってみても良いと思います。
現状では、感染のリスクを避けながらの生活になります。状況を理解し、その中で楽しいことを見つけて、上手にストレスを解消することがポイントになると思います。

[協力]
ひたち太田家庭医療診療所
〒313-0011 茨城県常陸太田市西宮町1876
TEL 0294-59-3340
HP:https://hitachiota-fc.com/doctor/

常陸太田市のイクメンシリーズ 第6回(全6回)

常陸太田市のイクメンシリーズ 第6回

イクメンシリーズでは、常陸太田市で子育てに奮闘するパパをご紹介しています。
第6回は、会社員の山口将太(やまぐち しょうた)さんに5歳8ヵ月の長女、望結(みゆ)ちゃんと6ヵ月の長男、遥也(はるや)くんの子育てについてお話を伺いました。山口さんは、常陸太田市の出身です。1年ほど前に、ご実家の敷地内に家を建て、引っ越してきたそうです。

写真

山口将太(やまぐち しょうた)さん(32歳)会社員
[長女]望結(みゆ)ちゃん(5歳8ヵ月)
[長男]遥也(はるや)くん(6ヵ月)

■子どもたちについて

写真

望結は好奇心旺盛で活発な子ですが、初対面の人に対しては恥ずかしがり屋さんです。最近では、本当は甘えたいのに弟のことを考えて自分は我慢をしたり、コロナを心配してお出かけを控えたりと、周りの状況を気にする大人びた一面も見せるようになってきました。 遥也は人見知りせず愛嬌もあり、マイペースなのんびり屋さんです。

■家事と育児

写真

育児や家事の分担については特に決めていません。休みの日に時間があると私が夕飯を作りますし、保育園の送迎や、掃除、洗濯等の家事全般をこなします。空いている時間で何か自分にできることを見つけてやるようにしています。
あと、子どもと遊ぶことは、もともと好きなので、楽しく育児ができています。

■地元の良さ

実家の敷地内に家を建てたので、子どもたちとおじいちゃん、おばあちゃんとの関わり合いは、当たり前かもしれませんが、以前より身近になりました。みんなで一緒に食事をしたり、遊んでもらったりと、とても助かっています。
それに、常陸太田市は私の地元ですし、知り合いもたくさんいるので、親しみやすいです。公園などで自分の友人の子どもと一緒になることもあって、楽しく過ごすことができます。
周りの人たちも皆さん親切でフレンドリーです。知らない人同士が声をかけあったりすることもあるので、常陸太田の人たちは仲間意識が強いのかもしれません。

■身近な体験

写真

子育てをしていると、子どもたちと一緒にできる身近なことにも喜びがあります。例えば、今はみんなでサイクリングに行きたいので、望結の自転車の補助輪を外して、練習中です。もうすぐ、補助輪なしで乗れるようになりそうなので、わくわくしています。 あと、できるだけ自然とふれあわせたいので、妻の実家の畑で芋ほりなどもしています。

■一緒に学ぶ

写真

子育てをしていて特に感じるのは、自分も子どもと一緒に学んで成長しているということです。子どもたちといると、ふとした時に、自分の弱い部分や、苦手なことが分かったりします。自分自身の弱点は、なるべく子どもに見せたくありません。自分の弱さと向き合って、なんとかしようと努力することが勉強で、大切なのかと思います。

■子どもの感性

写真

子どものときにしかない自由な感性を大人が潰してしまわないように、子どもたちには、物事をなるべく強制しないように気をつけています。間違えることも、きっと大切な経験なので、危険がないかぎり、まずは、思い通りにさせるようにしています。正しいことを先に教えてしまうと、もし自分が間違っていたとしても、それを実感できません。望結は、ある知育玩具を説明書も読まずに「自分で作る」と、勝手な手順で作り始めて、完成しなかったことがありました。こうした失敗の積み重ねがとても大切だと思います。
近頃、人に指図されないと行動できない子どもが増えてきているように感じます。望結と遙也には、新しいことでも積極的に取り組んで、学んでいけるように育ってほしいです。

スポーツ少年団紹介【ソフトボール】

スポーツ少年団紹介【ソフトボール】

久米ソフトボールスポーツ少年団

最高の仲間と夢に向かって!

1年生:1人、2年生:1人、3年生:5人、4年生:2人、5年生:9人、6年生:4人

練習では、ラダーや鬼ごっこなどの敏捷性トレーニング、久米オリジナルの塁間ボール回しなど、子ども達が飽きないように、様々な動きを取り入れるようにしています。
また、指導者も子ども達の「もっとボールを遠くに飛ばしたい、格好良いプレーをしたい」といった願望を少しでもサポートできるように自己研鑽し、旧来の指導法からアップデートするように心がけています。近年は全国大会や関東大会へ出場できるチーム力が付いてきましたが、勝利至上主義に偏ることなく、子ども達全員がソフトボールの技術向上しながら、競技する喜びを感じてもらえるような指導を心がけております。
競った試合での緊張感、チームの一体感は、何物にも代えられないものがあります。
新しい仲間を募集しております!

写真
写真
写真
写真
写真
主な活動場所・活動時間
  • 場所:大方グラウンド(常陸太田市大方町2511)
  • 時間;毎週土曜日・日曜日 8時から13時
所在地 〒313-0126 常陸太田市薬谷町560
代表者 圷 浩一
問い合わせ先 090-8945-2302
Instagram

https://www.instagram.com/kumej.s.c/?igshid=mb8v5cl0ic26

「papa mama じょうず」(2021年2月)

 

メールマガジン登録

 

メールマガジンに登録いただくと、更新のお知らせを定期的にお届けします。
メルマガ登録者の中から毎月10名様に常陸太田市公式マスコットキャラクター「じょうづるさん」グッズが当たるプレゼントキャンペーンを行っていますので、ぜひメールマガジンへのご登録をお願いいたします。

メルマガ登録はこちら ←クリックすると、登録ページに移動します。

読者アンケートのご協力をお願いします

 

読者の皆様によりお楽しみいただけるコンテンツを掲載するため、アンケートを実施しております。
ご協力をお願いいたします。


「読者アンケート」 ←クリックすると、アンケート画面に移動します。


みなさまのご意見をお待ちしております!

幼稚園・保育園紹介【らいらっく保育園】

幼稚園・保育園を紹介します
【らいらっく保育園】

らいらっく保育園

子どものために 子どもとともに 子どもをいかして

平成31年4月に開園しました。ライラックの花の色の園舎と丸窓が目印です。やる気をもって集まった職員が、お互いに意見を出し合い、協働のもと子ども一人一人の良さを伸ばすよう丁寧に保育に当たっています。子どもが行きたい、保護者が通わせたい、職員が勤務したいと思える保育園を目指します。
英語活動に重点的に活用している電子黒板や暑さ対策のためのミスト、滝のあるプール、大型スクリーン設備のあるホールで迫力のある映画鑑賞などができること、職員手作りの夕涼み会などの行事も特色の一つです。

写真
写真
写真
写真
写真
所在地 〒313-0043 常陸太田市谷河原町1644-3
代表者 園長 棚井 義広
TEL 0294-87-8110
ウェブサイト https://lilac-nsc.org

恵方巻をつくろう

恵方巻をつくろう

写真

飛田 伯弘さん

節分にその年の恵方に向かって海苔巻きを食べると福を呼び込む、とされる恵方巻きの風習は、関西が発祥と言われています。2021年の恵方は「南南東」です。今月は金井町にある寿司善のご主人、飛田 伯弘(とびたのりひろ)さんにお子様向けの恵方巻きの作り方をお教えていただきました。

恵方巻き

材料(恵方巻き4本分)

  • のり 半切り4枚

◇シャリ

  • お米 2カップ

〇寿司酢(市販のものでも構いません)

  • 酢  68㏄
  • 砂糖 28g
  • 塩  8g

◇具材

  • きゅうり 半分
  • レタス  1枚
  • ハム   4枚
  • カニかま 6本
  • のりの佃煮 大さじ2

〇厚焼き卵

  • 卵  2個
  • 水  10㏄
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩  ひとつまみ

〇ツナとコーンのマヨネーズ和え

  • ツナ缶   大さじ2
  • コーン缶  大さじ2
  • マヨネーズ 大さじ2

作り方

【01】恵方巻きに巻く具材の下ごしらえをします。

写真

※半切サイズ海苔の幅(約10センチ)に合わせて材料を切ります。

  • 4枚のハムを半分に切ります。
  • あらかじめ用意しておいた厚焼き卵を縦長4つに切ります。
  • きゅうりも縦に4等分に切ります。
  • レタスを4つにちぎります。
  • カニカマは6本中2本を半分に切り、長さを合わせて使います

写真

・ツナとコーンをボウルに移し、マヨネーズで和えます。

ポイント

和える前に、ツナとコーンの水気をキッチンペーパー等で拭き取りましょう。

【02】巻きすに海苔とシャリを置きます。

写真

写真左上)海苔を置きます。
写真右上)あらかじめ用意しておいた、シャリを置きます。
写真左下)シャリを手で厚さ1センチ弱程度に広げます。
写真右下)のりしろにするため、海苔の奥側、約1.5センチはシャリを広げずに空けます。

ポイント

シャリは手を使い置くことをおすすめします。しゃもじ等は、厚さの加減が難しくなります。その際、手の消毒も忘れないでください。

【03】具材を置きます。

写真

・海苔の佃煮をシャリに塗り、その上にきゅうりを1つ置きます。

写真

・半分に切ったハムを2枚、厚焼き卵、レタス、カニカマを1本半、そして、ツナとコーンのマヨネーズ和えを置きます。

写真

※きゅうりやハムなどの形がくずれにくいものは、お子さんにも簡単に置けます。ぜひ、一緒に楽しんでみてください。

【04】巻きすで巻きます。

写真

写真左上)きゅうりを軸にして、具材をおさえながら巻いていきます。
写真右上)のりしろまで巻き、おさえて形を整えます。
写真左下)巻きすの端を持ち上げて、寿司を転がすよう奥側におくります。
写真右下)もう一度形を整えます。

ポイント

手に付きやすいツナとコーンのマヨネーズ和えは、巻くときにレタスで包むようにしましょう。

写真

・巻き上がりです。

【05】皿に盛りつけて、完成です。

写真

★恵方巻き(巻き寿司)の切り方

本来、恵方巻きは切らずに食べるものですが、巻き寿司のきれいな切り方もお教えいただきました。

ポイント

切る前に包丁を濡れ布巾で拭きましょう。包丁を湿らせると、シャリが付きにくくなります。

写真

写真左上)包丁の柄に近い部分を恵方巻に添えます。
写真右上)刃全体を使うように引き、
写真左下)刃先を恵方巻きに残します。
写真右下)押すように切り下ろします。

ポイント

「引いて、押す」の2回で切ります。包丁を何度も前後させて切るとシャリや具材が崩れてしまいます。

お子さん向けにアレンジした恵方巻きはいかがでしたか。海苔巻きに入れる具材はアイディア次第です。お好みに応じていろいろな材料が使えます。これを期に、オリジナルの巻き寿司に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。どうぞ、お子さんと一緒にお試しください。

[協力]
寿司善
〒313-0016 常陸太田市金井町3673
TEL 0294-72-1338
Instagram https://www.instagram.com/sushizenn/?hl=pt

「かかりつけ医」にお尋ねしました第2回(全3回)

「かかりつけ医」にお尋ねしました
第2回 乳幼児の健康状態 病気のサイン

木村 紀志 院長

子育てに取り組んでいる親御さんにとって、寒い時期のお子さんの健康は、とても気がかりです。特に赤ちゃんや幼いお子さんの体調変化には日々気を配っているかと思います。乳幼児の病気は様々ですが、よく見られる症状や受診の目安について、ひたち太田家庭医療診療所の木村 紀志 院長にお伺いしました。全3回の第2回になります。

どんなときに病院に行けばいいの?

写真

はじめに、乳幼児について一般的にどんな病気にも共通して受診すべきと判断するひとつの目安は、お子さんに元気がなく「ぐったり」している場合です。これは、個人差もありますので、客観的に説明するのは難しいのですが、親御さんから見て「いつもと違って元気がない」と感じたら病気のサインかもしれないと思ってください。
今回は、お子さんの症状の目安となるサインを4つ紹介いたします。このうちのいずれかに当てはまるようでしたら、病院の受診をおすすめします。

1)食事や水分がとれない

ミルクやご飯の量がいつもより少ないと感じるときは、病気のサインかもしれません。特に、水を飲むとすぐに吐いてしまうなど、まったく食事や水分を受け付けない場合には脱水状態となる恐れもありますので、病院を受診しましょう。

2)苦しそうな息づかい

咳や痰、鼻水が多いと息苦しそうなときがあります。顔色が悪い、肩で呼吸をしているといった場合には、病院を受診するようにしましょう。息詰まりで息苦しくなってしまうときには、鼻水を吸引してあげると楽になることがあります。多く出て、「ゼーゼー」と音が聞こえる場合には喘息の発作かもしれません。病院に行きましょう。

3)5日以上続く37.5℃以上の発熱

風邪の熱は、通常長くても4日目まで、それ以降は解熱するのが一般的で、5日続くことはまれです。インフルエンザでも4日目、長くても5日目には解熱します。5日目なのにまだ37.5℃を超える熱が続いている場合は、風邪以外の病気かもしれません。病院にかかりましょう。

4)泣き方

今までにないような激しい泣き方、聞いたことのないような声が出ている場合には、受診を考えましょう。
そして、ひどく元気がない、あるいは症状がとても重いために泣くことができなくなることもあります。脱水症状や、お子さんの感覚が「ぼんやり」しているときも泣かなくなります。ぐったりした様子で泣いていない状態は、重症の可能性があります。もし、起きているのか寝ているのかが分からなかったり、あまり動かくなってしまっている場合は、救急要請も選択肢の一つです。本当に危ないと感じたときには、すぐに救急車を呼んでください。

症状を説明するポイント

お子さん症状を医師に伝えるときのポイントは、次の3つです。

・期間 いつから
・頻度 1日〇回、週に〇回
・状態 ふだんと違うところ

写真

例えば、嘔吐や下痢をしている場合ですと、「今日の〇〇時ぐらいから、今までに〇〇回ぐらい」と時間の経過と回数をできるだけ具体的に医師に伝えてください。その場で思い出しながら説明しようとすると難しいこともあります。あらかじめメモを作っておくのも良いでしょう。
そして、状態ですが、ふだんと違っているお子さんの様子もお話しください。診療の大切な判断材料になります。

子ども救急電話相談

写真

夜間や休診の時などは「子ども救急電話相談」にお子さんの症状を伝え、救急搬送をするべきかどうかなどの相談をすることもできます。24時間365日受付をしていますので、いざというときに頼りになると思います。

[協力]
ひたち太田家庭医療診療所
〒313-0011 茨城県常陸太田市西宮町1876
TEL 0294-59-3340
HP:https://hitachiota-fc.com/doctor/

常陸太田市のイクメンシリーズ 第5回(全6回)

常陸太田市のイクメンシリーズ 第5回

イクメンシリーズでは、常陸太田市で子育てに奮闘するパパをご紹介しています。
第5回は、会社員の松山 浩紀(まつやま ひろのり)さんに5歳4ヵ月の長男、雄大(ゆうだい)くんの子育てについてお話を伺いました。松山さんは水戸市出身です。常陸太田市がご実家の奥様との結婚をきっかけに、2011年3月に移住してきたそうです。

写真

松山 浩紀(まつやま ひろのり)さん(44歳) 会社員
[長男]雄大(ゆうだい)くん(5歳4ヵ月)

■笑顔で元気いっぱい

写真

雄大は、いつも元気であちこち走り回っているような子です。「ちょっと落ち着いて」と言っても、落ち着いてくれないような感じで、とても活発な子です。あと、感情表現もはっきりしています。ついさっきも、飴をあげたらすごい笑顔で応えてくれました。

■アウトドア家族

写真

僕たち夫婦は、サーフィンやスノーボード、登山など、アウトドアで遊ぶことが大好きです。特に登山は雄大が1歳のときから体験させてます。その時は、僕が背負子のようなザックに背負って登りました。登山は、苦しくて疲れるけれど困難を乗り越えた先にすばらしい景色を見ることができます。なにより、自信にもつながると思います。今では雄大も、高低差が少なければ、5〜6キロ歩けるようになりました。
アウトドア遊びを通して自然の素晴らしさを一緒に感じて、楽しんでほしいです。

■経験することに意味がある

写真

基本的に雄大が興味あることは、自由にやらせています。もちろん、人に迷惑をかけたり、危険なことには注意をしますが、経験することが大切だと思います。それに、あれこれ、「ダメ」と言ったところで、どうして「ダメ」なのか分ってくなければ、意味がありません。逆に、「〇〇やるな」と言われると興味が湧いてしまうこともあります。僕自身もやりたくなってしまうほうです。
言うことを聞かずに、ちょっとしたケガをしたときは自分の責任ですし、一度経験すると、今後はどうしたら良いか分るようになると思います。
以前、雄大が家庭菜園で、まだ熟れていない青いプチトマトを「食べたい」とねだってきました。そこで、「美味しくないよ」と言って食べさせたら「青いトマトは美味しくない」と分かったので、もう食べたいとは言わなくなりました。 ただ、本当に悪いことをしたときには、理由を説明してしっかりと叱るようにしています。

■ウエルカム赤ちゃん教室 子育て支援

写真

常陸太田市の子育て支援に「ウエルカム赤ちゃん教室」があります。これに参加したことで父親になる心構えができました。体に重りを付ける疑似妊婦体験や、お風呂の入れ方、オムツの交換の仕方など、正しい知識を丁寧に教えてくれました。おかげで、子育ての「やる気スイッチ」が入ったことを思い出します。あと、選べる出生祝品があって「抱っこ紐」を頂いたり、オムツの費用を助成してくたりと、常陸太田市は親切で嬉しい制度が充実しています。

■子育ては楽しいこと

写真

子育は、すごく楽しいことだと思います。僕は撮影が趣味で、写真や動画を撮るのが大好きです。妻のことを撮影するのはもちろんですが、雄大のことは、生まれた時からずっと記録しています。写真をアルバムにまとめたり、映像を編集することが楽しくて仕方がありません。撮った写真と映像を見て、二度と無い瞬間をみんなで分かち合っています。記録を振り返ると、子育ての楽しさを改めて実感できます。
雄大の父親になってから、あっという間に5年が過ぎました。ただ、まだ5年しか経っていません。この先もいろいろあるでしょうが、その都度臨機応変に対応して、雄大と一緒に楽しく成長したいと思います。

スポーツ少年団紹介【テニス】

スポーツ少年団紹介【テニス】

常陸太田ジュニアソフトテニススポーツ少年団

スポーツ少年団の理念を基に、青少年にスポーツの歓びを提供し、活動を通して仲間との集団行動を することによりこころとからだを育成しています。

【メンバー構成】
2年生 6人、3年生 2人、4年生 9人、5年生 11人、6年生 17人

現在 少年団は、小学生45名が所属しており、活動は、準備体操(トレーニング)後、基礎練習(ストローク、サービス、ボレー等)を実施しています。
団員には、可能な限り多くのボールが打てるように指導しています。
最近では、関東大会や全国大会の出場に少年団から輩出しており、輝かしい成績を収めることができています。
その他の少年団活動としては、外部講師を招いて審判講習会や技術講習会、団内の親睦を深めるため親子テニス交流会やBBQ交流会等、盛り沢山の事業を企画・実施しています。

写真
写真
写真
写真
写真
主な活動場所・活動時間
  • 山吹運動公園テニスコート  毎週土曜日 9時から12時
    (※入団後には、水曜日と土曜日のナイター教室にも参加可能)
所在地 〒313-0047 常陸太田市島町2334-1
代表者 柏 晃司
問い合わせ先 齋藤 幸雄 090-3318-6664
y.saitoh@blue.ocn.ne.jp
ウェブサイト http://hitachiotatennis.blog.fc2.com/

「papa mama じょうず」(2021年1月)

メールマガジン登録

 

メールマガジンに登録いただくと、更新のお知らせを定期的にお届けします。
メルマガ登録者の中から毎月10名様に常陸太田市公式マスコットキャラクター「じょうづるさん」グッズが当たるプレゼントキャンペーンを行っていますので、ぜひメールマガジンへのご登録をお願いいたします。

メルマガ登録はこちら ←クリックすると、登録ページに移動します。

読者アンケートのご協力をお願いします

 

読者の皆様によりお楽しみいただけるコンテンツを掲載するため、アンケートを実施しております。
ご協力をお願いいたします。


「読者アンケート」 ←クリックすると、アンケート画面に移動します。


みなさまのご意見をお待ちしております!